男性のコンプレックス解決

懸念される男性の包茎や性病の実態

世の中の男性の多くが悩まされている包茎や性病ですが、デリケートな話でもありなかなか男性の包茎や性病の実態は分からないものです。
まず包茎と一括りになっていますが、包茎には3つの種類が存在します。
1つは「真性包茎」もう一つが「カントン包茎」3つ目が「仮性包茎」です。
真性包茎やカントン包茎は保険適用される包茎で、真性の場合は亀頭を露出する事が出来ず、カントンの場合は包皮の出口が狭く無理に亀頭を露出させた状態にすると、勃起してしまった時などに亀頭を締め付けてしまいうっ血して腫れあがってしまうなどする事もあるものです。
仮性包茎は日本人の大半が仮性包茎だと言われています。
仮性は亀頭を露出させる事は可能ですが、包皮が余ってしまって通常時に被っている状態です。
仮性包茎は真性包茎やカントン包茎と異なり、手術等で改善させる必要のない包茎だと言われています。
しかし、仮性包茎である事により性病やその他の病気のリスクを上げる可能性もあり、また見た目のコンプレックスから手術を行う人も多いです。
仮性包茎だと包皮が亀頭を被っている事で、恥垢がたまり臭いが出たり不衛生で炎症等を起こしやすいという事が懸念される上に、陰毛を巻きこんで亀頭に傷をつけてしまうなどの危険性もあります。