男性のコンプレックス解決

包茎治療・性病に対しての保険適応

日本人の包茎の割合は60パーセントから70パーセントといわれています。
泌尿器科や形成外科での調査では、悩みをかかえて訪れた人でしかデーターが取れないので実際の正確な数は不明です。
そこで包茎には真性包茎や仮性包茎があり、これらの包茎の割合は真性が40パーセントで仮性が60パーセントになっています。
つまり仮性包茎は真性包茎の1.5倍ということになります。
ですので60パーセントから70パーセントの包茎のほとんどが仮性包茎となります。
仮性包茎は通常は包皮をかぶっていますが、勃起した時に自然にむける、または手でむく事が出来る状態の事を言います。
これは病気ではありません、なので包茎でも仮性包茎治療には健康保険適応にはなりません。
美容整形と同じで機能的には全く問題がないからです。
一方で真性包茎がありますが、これは日本人に1パーセントから2パーセントおられるとされています。
これはセックスは出来ますが痛みを伴なうものとなります。
これは病気と認められますので真性包茎の場合の包茎治療には保険適応が可能になります。
包皮をむく事が困難で清潔に保つことがむずかしく性病になる可能性が高いのも大きく理由とされています。